一喜零憂、一期千会

さっき読んでたブログに、いいことがある時は素直に喜び、悪くても落ち込まないことにするというようなことを書いている人がいました。

それって、前向きでいいですね。たしかによくないことがあるごとに憂いていては時間の無駄。反省材料として前向きに考慮すればいいだけのこと。

試練も次のステップのための関門と思えばそこを超えていく楽しみがあるっていうものだ。明るい未来ばかりないという人もいるが、そんなものは気の持ちようだ。

死の宣告を受けて、それでもラッキーとまではいう自信はないが、それでも学ぶべきものはあるかも知れない。

「涙は明日に」という言葉の意味が分かった気がした。今泣かずに明日に持ち越すことで今をポシティブに生きることができる。

明日へ明日へと順送りにしている間にワンステップ飛躍できるってことだろう。

ステップ・バイ・ステップ。ワン・バイ・ワン!失敗は成功の素。消去論で成功も導かれる。

独りぼっちは寂しいけど、仲間がいれば、パートナーがいれば多少の困難は苦痛じゃないっしょ。

茶道の精神には「一期一会」の精神があるけれど、一生で何度も逢えればもっともっといいじゃん。同じ失敗を繰り返すって意味じゃないよ。楽しいことには何度出会っても楽しい。苦じゃない。生きていけるのは楽しいこと。

ヤマト運輸はお客様には親切だけど・・・

先日、ヤマト運輸の配達員が無免許運転で検挙されました。

この従業員は普通車の免許は持っていたもののの、中型車の免許は持っていなかったということ。

ヤマトもそれを知りつつ、運転させていたというから、いい加減ってことになりますね。

ヤマトもお客様の対応は、他の運送会社に比べるとすごく丁寧だし、荷物も確実に届くという印象が強いのですが、従業員やバイトの人に対しては実は非常にいい加減なのです。

たとえば荷物の配送を振り分ける作業、通常は午前中は9:00~13:00、午後は14:00~18:00というように2時間単位になっていますが、繁忙期は日によって、早出の日、残業の日などがあるのですが、それが前日に急に決まったり、残業は当日言われることもあります。

ところが、前日公休日の人はそれを知らないまま当日出社して初めて知る場合もあり、残業に関しても当日の朝礼で普通は言われるのに、終了時間になってもダラダラと続き、15分くらい延長されるなど、すごくいい加減なのです。

バイトの人は地方の人たちは交通費はくれないのが当たり前・・・お客様には丁寧なので、従業員の扱いはすごくいい加減な会社なんだなあというのが働いてみて初めて分かりました。

従業員の中にはバイトにハッパを掛けるという名目で、お尻を叩く人などもいて、セクハラ的なことも行われています。他の人に文句を言っても「きついことを言われても、されても気にせずやってください」と言われるだけ。

理不尽な従業員の言動に耐えつつ作業をしているバイトも少なくないようです。外からみるのと、内部とは違うよい例ですね。

民主党は崩壊せよ

表題のようなことを書かずとも、民主党が尻つぼみになるのは時間の問題でしょうが、それにしても民主党のやっていることは日和見主義というのか何なのか訳が分かりませんね。

鳩山由紀夫氏は「宇宙人」というニックネームだそうですが、たしかにあの人の考えていることは全く理解出来ませんね。お金持ちのボンボンの気まぐれというのか、関西でいいところの「いいカッコしい」というのか、その場その場で都合のいいことを言う太鼓持ちのような人だなとつくづく思ってしまいます。

もともと民主党は自民党、民社党、自由党、社会民主連合、社会党などの議員が集った寄り合い世帯で政策自体が曖昧模糊で中身がない政党というのが本当のところだったのでしょう。

消費税もあっさりと値上げでOKとなるところが、一体誰の政党よ?と尋ねたくなります。

国家財政の赤字も、埋蔵金があるとかいいながら、結局埋蔵金はどこに行ったって感じで、実体はあったのかないのかすらもどんどん分からなくなっていくのがまさに七変化?

マニュフェストもアメリカとの約束も、公約も平気で破る政党だから、みんなで渡れば怖くなかったのでしょうが、だんだん同士も減って来て、あとは去りゆくのみ。

なぜ有名人の子どもだけ顔ぼかすんだ?

今日11日の日テレ系午後7時からの「火曜サプライズ」という番組があって、そこにタレントのウエンツとDAIGOがハワイのお宅訪問ってことで、三代目若乃花こと花田勝さんの元奥さんの美恵子さんのお宅に訪問していました。

そして、二人がいるところに、美恵子さんのお子さんたちが帰って来る設定になっていたのはいいのですが、お子さんたちは未成年ってこともあってか、顔にぼかしが入っていて、どんな顔かはバレないようにしてありました。

ところが、その子たちの友人たちが遊びに来ると友達の顔はバンバン映して放送されている、なぜ有名人の子は顔がぼかしでその友人たちはぼかしなしなのか?おかしな話だと思いました。

有名人の子どもは誘拐されて、身代金など請求させる恐れなどあるから???でも、本人の顔が映ってなくても、周りの友人たちから推測される場合もあると思いますけどね。

 

近未来のバーチャルリアルティの恐怖

SF映画を見ていると、近未来は怖いことばかり起きるようなストーリーが多く、不安をかき立てられる思いがしますね。

SF映画と言えば大抵はコンピューターグラフティ(CG)多用していますが、最近の映画だとよくよく見ないとどこが本当の画像で、どこがCGか分からないものが多くなりましたね。

アニメでも最近では3Dの映画などはほとんどがコンピュータで作ったものですよね。よく出来ていて、幼い子どもは本物かと誤解しているようです。

ロッテのCMでは以前AKB48が出演するものはCGで作ったバーチャルのキャラが登場していました。

今のCGだとまだ人間のキャラはCGだというのが素人でも見れば分かりますが、これが科学がもう少し進歩すると、本当にCGがリアルな人間と変わらないキャラでも作れそうで、架空のキャラを本当にいるものと信じさせるようなことも出て来るのではないかと危惧します。

そんなSF映画もいくつかありましたよね。

ターミネーターの映画のように、人工頭脳を持ったロボットが人間を支配するような時代が将来来る可能性がないとは言い切れないという話もありますが、バーチャルな世界やキャラを本当にあるもの・いるものだと信じさせる時代の到来を想像すると、戦慄を感じますね。

アニメ好き・漫画好きの人は、アニメのキャラ・漫画のキャラに恋をするってこともあるようですが、バーチャルなキャラを本当に存在すると思って恋をするようになれば、むなしい世界ですね。

架空のものを素晴らしいと思うというのは絵の世界、音楽の世界、小説の世界などはみな現実ではない作り物の世界ではありますが、それはフィクションであるということを分かって好きになっていることですから、また次元が違う話ですよね。

アヤパンの「絶対のNG事項」

アヤパンこと高島彩さんがフジテレビを退社、フリーになってからCM出演がひっぱいだこになった分、滝川クリステルさんのCM出演もどっと減ったような気がします。

高島さんと滝川さんの大きな違いはバラエティの出演もOKか否かという点にあるように思います。宮根さんと共演していた時も宮根さんの突っ込みをうまく受けることができてませんでしたし、生の臨場感に耐えれない人だと思いました。

この点、高島彩さんはフジテレビ時代から鍛えられたこともあって、バラエティも問題なく、アドリブ対処もうまいものですね。

人妻になっても高島さんの人気は衰えないですね。 フジテレビの新番組『あすなろラボ』のMC、花王「ビオレ」ほか大メーカーのCMにも引っ張りだこ。

しかし高島さんにオファーを出す際には一点だけ「絶対のNG事項」があるそうなんです。それは「家庭やプライベートには決して触れないこと」だそうです。フジテレビ関係者がこう言います。

「彼女は結婚の際、ゆずの北川さんの実家が新宗教のトップであることを報じられたのがトラウマになっているようです。一部では“高島アナが宗教法人を継ぐ”とまで噂されましたからね」

プライベートのことは聞かれたくないとはいうものの、夫婦生活は至って円満と言います。

「北川さんとは、都内の高級イタリアンなどで楽しげにディナーをしている姿がたびたび目撃されている。仲良しの中野美奈子アナ(33)や加藤綾子アナ(28)が同席することもあるようです。

北川さんは、自分の母親をそうとう大事にするタイプだそうなんですが、彼女は“母親を大切にする人は、私のことも家族のことも大事にしてくれる”と周囲に話しているらしい」

しかし、いつまで経っても夫婦の話が御法度というのは、親近感が徐々に薄れていくと思うのですが、これもさだめなのでしょうかね?

クドカンはいった。夢はあきらめないこと

今日のNHKの「朝イチ」に「あまちゃん」の脚本を書いているクドカンこと宮藤官九郎さんが出ていました。

宮藤さんの原点は高学時代の文化祭の舞台だと言います。ひとりで脚本を書き、ひとりで演出し、独りで演じる・・・それがバカ受けしたのがきっかけでお芝居の脚本を書くきっかけとなったようです。

宮藤さんは今上映中の映画「中学生円山」の脚本を書き,みずから監督されていますが、この脚本を書くとき、「自分の書くものは中学生の発想だとよく言われたので、今回は中学生の発想そのもので書こうという気になり、自分が中学生の頃、抱いていたそのものを書くことにしました。」「結構、おとなになって“夢をあきらめる”なんてことをいうじゃないですか?でも、あれはおかしな話だと思い私は実践しているだけです」というようなことを言われていました。

夢を諦めない・・・素敵なことですね。夢を諦めずに追っている人だけがいつか夢を自分の手の中におさめ成功する。

成功するかしないかは夢をあきらめるか、あきらめずに継続して来たかの違いに過ぎないように思います。

「夢追い人」「夢想家」とバカにされても、ガンバって来た人だけがいつか報われ、笑う時が来るのです。

あなたは夢をあきらめず頑張っていますか。それとも、夢なんて実現できる訳ないよーと小馬鹿にしているだけですか?

宮沢りえが代役ー美談の裏側で天海祐希がノーコメントのプライド

天海祐希さんが心筋梗塞で緊急入院したことで急遽舞台『おのれナポレオン』の代役を宮沢りえさんが見事に務め、大ピンチを救った宮沢りえさんの才能と脚本家の三谷幸喜さんが賞賛されたことは大きな芸能ニュースとして報じられています。

しかし、関係者からは当の天海祐希さんが宮沢の代役案に反対していたという、裏話も聞かれるようです。舞台を実際に見た宝塚以来の天海祐喜さんファンも宮沢さんの演技は絶賛したとの報道もありますが、天海シンパの中には、天海さんじゃないと意味がないとの声もあったようです。

また公演の舞台裏を知った某女優は「宮沢さんの台詞は天海さんの半分くらいの量になったっていうじゃない。それくらいなら私だって2日あれば完璧に覚えて演じることはできるわ。」と陰口を語ったとも言います。

天海さんが入院した6日、その日のうちに主演の野田秀樹さんが独断で宮沢に出演オファーし、翌7日の深夜には宮沢さんから受諾の返事をもらい、8日に天海の降板とともに発表されていますが、実は天海さんご本人は代役で、公演を続けることは避けて、延期をしてもらって改めて自分が演じたいと希望したそうです。

宝塚出身でプライドが高い天海さんなので、アイドル出身の宮沢さんに同じ役を務められてしまったらイヤだ、という感情もあったようです。

その天海さんの意向を直接聞いた脚本の三谷幸喜さんも天海さん想定で脚本を書いたという立場もありますし、三谷さん個人の意見としても中止を主張されたようです。

ただ、中止となると金銭的な損害が大きいのは否めない事実。野田さんは東京芸術劇場の芸術監督を 務めていたので、最終的には“劇場側の意向は代役案”という話をして天海さんと三谷さんの了承を得たと言います。

ただ、気が強いことでも有名な天海さんは、最後までこれに対して良い顔をしていなかったと伝えられています。

宮沢さんの代役がすごい美談になると感じた、とある記者は、天海さんの関係者に宮沢代役に対してのコメントが出せないか相談したても、一切ダメと即答されたそうです。

天海さんは先日、退院に当たってコメントを発表していますが、そこには宮沢さんの“み”の字もありませんでした。「キャストの皆様、スタッフの皆様には並々ならぬご尽力を いただきました」とは書かれているものの、あとは「医師の助言もあり、ここで病状を悪化させれば、かえって多大なご迷惑をおかけすることになると思い、舞 台降板という苦渋の決断をいたしました」「自らの体調管理には十分に気を付けていたつもりでしたが、これまでの体調管理が万全ではなかったと反省しており ます」と、あくまで降板の事情説明にとどめ、宮沢さん代役への言及は一言もなかったのです。

野田さんと宮沢さんは非常に親しい間柄で、離婚協議中の宮沢さんはそのことを野田さんに相談するような仲。それで周囲からは、野田さんが今回の降板を利用して宮沢株のアップに成功した、と陰口を叩く人すらいるとか。

芸能界は怖いところですね。宮沢さんも今回の代役に関しては一言もコメントをしないのは、そういう天海さんの気持ちを知ってのこともあるようで、他の公演の合間という多忙な時期に仕事を引き受け、絶賛されても、なお天狗にならず、沈黙していることで一層宮沢さんの株は上がったように思います。

天海さんも感じのいい人というイメージが強いだけに、今回の自分の起こしたことに関して、少しでも宮沢さんへの、感謝の気持ちを表されれば一層株も上がっただろうにと思うと、今回の対応は残念に思えてしょうがありません。

石原慎太郎はある意味、素晴らしい

石原慎太郎はかつての朝鮮半島の実質植民地化したり、満州という国を日本が作ったのは「侵害」でないと言い切った。

すごいですね、あそこまで言い切れるのが。資源をたたれて、資源の少ない日本がやむなくやったこと、当時はどの国も植民地政策をやっていたから、日本だけ責められるべきものではない。

朝鮮半島だって北と南がケンカしてたから、日本ば治めて統一させてやったのだから、侵略どころか日本は感謝されるべきだって。。。

こういう考え方なら「侵略」という定義が該当する行為なんてほとんどないことになりそうですね。ほとんど全ての「他国への領土侵害行為」には理由があることになり、それがその侵害される国の了承なく行われてもほとんど統治権の侵害と言えないことになってしまうでしょう。

石原氏の論理を個人として考えると、お腹が空いていたから、人の畑に植えてある作物を勝手に盗って食べても、土地侵入にならないどころか泥棒にすら当たらないことになりそうですね。「あとでお金払うつもりだったら、泥棒には当たらない」などと言い訳すれば何でも許される訳はないはず。

つまりは迷惑行為はするほうではなくってされるほうのことを考えないといけないものだと思います。

何でもかんでも自衛のための戦争であって「侵略」でないとすれば、やった国勝ちってことになりますね。

ま、そんなことをいうと核兵器をすでに所持している国が、核兵器を所持しようとしていることだって「おまえにいわれたくねえよ」ってことになりますけどね。

日本は唯一の被爆国として核爆弾の恐ろしさを世界に訴えていくべき立場なのに、アメリカの核の傘かなんかに守られているようで、戦争をこの世の中から撲滅しようというような日本国憲法の精神なんて、反故にされてしまおうとしてるんですからねー。

日本国憲法を無効にしてしまえという石原氏の極論もこれまたすごいものです。

橋下大阪市長は高圧的で、立場をわきまえない飛んでもねえ人だね

橋下大阪市長はお人好しなのか、アホなのか、バカ正直なのか、HYなのかさっぱり分かりませんよね。

維新の会っていうのは結局、明治維新のように平成の世の中で王政復古を果たそうとする時代錯誤の政党なのか?

何でもかんでもけんか腰で、上から目線でケンカをふっかけるような態度では勤王の志士と変わりないじゃん。

もう少しは賢いのかと思ったけど、石原慎太郎と組んだ時点で維新の会も終わりでしょ。

今度の慰安婦問題で完全に女性を敵にしてしまった橋下さん。石原慎太郎ですら、「維新の会はそろそろ賞味期限」と真っ当なこと言っているのに、橋下さんはさらに賞味期限を早めてしまいましたね。

これで与党にも他の野党にも嫌われてしまって、くっつくとすれば小沢一郎のとこくらいしかないのでないの?

提唱していた道州制も他の地域じゃ今イチ受けもよくないし、結局維新の会はクライマックスもないままにこのまま黄昏ていくのでしょう。

橋下さんってもう少しリベラルな考え方かと思ってたけど、バリバリの国粋主義者だったんだな。

地方分権とか言って結局、将来的には国政を狙っている訳だし、権力者になったら、それを濫用してるだけって感じだもものね。

他の政治家とどこが違うのか分からなくなってしまった。むしろキャンキャン騒ぐスピッツみたいにうるさい分、扱いにくいだけなのかも知れない。

だんだんメッキが剥がれてカリスマ性もなくなってしまったし、そろそろ政治家辞めて弁護士に戻ったらいかがでしょうか?

 

 

WordPress Themes