一喜零憂、一期千会

さっき読んでたブログに、いいことがある時は素直に喜び、悪くても落ち込まないことにするというようなことを書いている人がいました。

それって、前向きでいいですね。たしかによくないことがあるごとに憂いていては時間の無駄。反省材料として前向きに考慮すればいいだけのこと。

試練も次のステップのための関門と思えばそこを超えていく楽しみがあるっていうものだ。明るい未来ばかりないという人もいるが、そんなものは気の持ちようだ。

死の宣告を受けて、それでもラッキーとまではいう自信はないが、それでも学ぶべきものはあるかも知れない。

「涙は明日に」という言葉の意味が分かった気がした。今泣かずに明日に持ち越すことで今をポシティブに生きることができる。

明日へ明日へと順送りにしている間にワンステップ飛躍できるってことだろう。

ステップ・バイ・ステップ。ワン・バイ・ワン!失敗は成功の素。消去論で成功も導かれる。

独りぼっちは寂しいけど、仲間がいれば、パートナーがいれば多少の困難は苦痛じゃないっしょ。

茶道の精神には「一期一会」の精神があるけれど、一生で何度も逢えればもっともっといいじゃん。同じ失敗を繰り返すって意味じゃないよ。楽しいことには何度出会っても楽しい。苦じゃない。生きていけるのは楽しいこと。

ヤマト運輸はお客様には親切だけど・・・

先日、ヤマト運輸の配達員が無免許運転で検挙されました。

この従業員は普通車の免許は持っていたもののの、中型車の免許は持っていなかったということ。

ヤマトもそれを知りつつ、運転させていたというから、いい加減ってことになりますね。

ヤマトもお客様の対応は、他の運送会社に比べるとすごく丁寧だし、荷物も確実に届くという印象が強いのですが、従業員やバイトの人に対しては実は非常にいい加減なのです。

たとえば荷物の配送を振り分ける作業、通常は午前中は9:00~13:00、午後は14:00~18:00というように2時間単位になっていますが、繁忙期は日によって、早出の日、残業の日などがあるのですが、それが前日に急に決まったり、残業は当日言われることもあります。

ところが、前日公休日の人はそれを知らないまま当日出社して初めて知る場合もあり、残業に関しても当日の朝礼で普通は言われるのに、終了時間になってもダラダラと続き、15分くらい延長されるなど、すごくいい加減なのです。

バイトの人は地方の人たちは交通費はくれないのが当たり前・・・お客様には丁寧なので、従業員の扱いはすごくいい加減な会社なんだなあというのが働いてみて初めて分かりました。

従業員の中にはバイトにハッパを掛けるという名目で、お尻を叩く人などもいて、セクハラ的なことも行われています。他の人に文句を言っても「きついことを言われても、されても気にせずやってください」と言われるだけ。

理不尽な従業員の言動に耐えつつ作業をしているバイトも少なくないようです。外からみるのと、内部とは違うよい例ですね。

WordPress Themes